アフィリエイトサイト(WordPress)のサイト表示速度改善でコンバージョンを上げる

前回の記事で、Poimoを紹介しましたがその際、クラフトビールのサイト速度が遅いことに気づきました。

なので、今回はサイト速度改善(Wordpress)をしていきたいと思います。

もう速度最適化は飽きるほどやっていますが、この作業ほどコンバージョンアップ効果絶大なものはありませんので面倒くさがらずにやりましょう。

個別記事のコンバージョン率を上げるよりもサイト全体で表示速度を1秒減らすほうが対費用効果はいいはずです。

まずは結果から

ビフォー

アフター

サーバー環境:wpXサーバー



.htaccessの編集

上記は、キャッシュ期限の設定。サーバーによって設定が違うかもしれません。当環境はwpXになります。

キャッシュ系プラグイン Autoptimize導入

高度な設定をONにして以下にチェック。レイアウトが崩れたらプラグインを削除してもう一度トライしましょう。

JavaScript コードの最適化

<head> 内へ JavaScript を強制

CSS コードを最適化

Google フォントの削除

連結されたスクリプト / CSS を静的ファイルとして保存

SNSボタン高速化

これはSimplicityに限った設定方法になります。他のテーマの場合はSNSボタンキャッシュ化のプラグインなどで対応してください。

カスタマイズーSNSーシェアボタンのタイプ(PC)ーテーマカラータイプ(高速)

gzip圧縮

サーバーへの転送量を減らす&表示速度を早めるzip圧縮。単純にファイル圧縮をするので、ファイルサイズが大幅に減ります。以下のコードを.htaccessに追加するだけです。

ちなみに、どれくらい違うかというと(別サイトでテストしてます)

左が、改善前

中央が、改善後(gzipなし)

右が、改善後(gzipあり)

※上記はいずれも次のCompress JPEGは実施していません。

ファイルサイズが全然違いますよね。

Compress JPEG & PNG images

TinyPNGのプラグイン版。これは毎回使うと画像アップに時間がかかるので画像が溜まってきたタイミングでたまに画像圧縮してあげるだけ。(2ヶ月に1度くらい)

使わないときは、プラグイン停止しておきましょう。

TinyPNGの使い方

以上です。プラグインはあまり多くならないよう気をつけましょう。

次回は、僕が入れているプラグインについて書こうと思います。

シェアしてくれるとチョーうれしいです!

フォローする