考え事

アフィリエーターこそ海外ノマドの天職

ノマド=「遊牧民」

海外を歩きながら仕事をし、自由な時間を持つ = 海外ノマド

 

 

アフィリエーターこそノマドの天職

 

みなさんこんにちは。がんちゃんです。

昨晩は、家で僕一人だったので赤ワインを飲みながらハヤシライスを作って、お椀で2杯食べてソファで寝ました。一人だと自由ですw

 

今日は、ずっと自由でいられる「海外ノマド」について書こうかと。

ノマドに向いている職業といえば、以前はIT関係(ウェブ制作etc)のフリーランス というイメージがありましたが今は「ブロガー」「ライター」さんが多いようです。

確かに海外ノマドをしながら海外の様子を記事にする生活スタイルは見ていて面白そうだし、海外生活そのものが記事ネタになるので一石二鳥でスマートですよね。

 

しかし、ブロガーさんやライターさんよりもアフィリエーターのほうがノマドに向いているんじゃないか?って思うんです。

アフィリエーターの場合、どこに行っても、地域と関係ない「二の腕ダイエット」記事やら「車買取」記事とかどんな記事でも書けますから。

 

ふと、ブロガーさんの海外ノマドを想像してみると

 

食事のたびに、写真撮影。

今日はどこ行こうか・・・。

遊びにいくのにも、かかったお金をメモ。

飲みにいくときも、ビールがいくら とか。。。

 

ブログネタ考えながら海外ノマドって全然自由じゃない!!

って思うんです。

 

ブロガーとアフィリエーターとの違い

ブロガーさんの場合、

 

ブログ=自分

 

という方程式が成り立つ場合が多く、

顔出し=強い信頼性 という側面があるのですが

逆に

顔出し=自分しかいない という側面もあります。

 

これって将来どーなんだろう って思うんですよ。自分しかいない=リスク です。

 

アフィリエーターのサイトは信頼性に欠ける部分がありますが

自分でなくてもOK という自由度があります。

子供にサイトを引き継いでもいいですし、誰かに売却することもできます。

顔出ししているブロガーのサイトを子どもに引き継いでもそれはそれでカッコイイけどw

 

なぜ海外ノマドをするのか

海外でもカフェ兼コワーキングスペースが増えて、Airbnbの普及で日本で過ごすよりも安く家を借りることも出来ます。

 → セブのAirbnb

 

「わざわざ海外のカフェで仕事しないでもいいじゃん」

 

という方もいらっしゃると思いますが、そんな単純に判断できない気もします。

 

海外に行くと(僕もそこまで多く行っていませんが)刺激(トラブル)もありますし、その国の政治・経済・歴史も勉強できます。

MessengerやViberなどでお友達と連絡のやり取りも出来るようになります。

 

そして、度合いは人それぞれですがその人の生き方に「影響」があります。

 

どんな影響があるのかは行ってからのお楽しみです。

 

アフィリエーターという場所を選ばない職業こそ、ノマド(遊牧民) ではないでしょうか。

 

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

イチオシ記事

  1. アフィリエイト

最近の記事 おすすめ記事
  1. インフィード広告を入れる
  2. タイトルがなっとらん!
  3. アフィリエイト防災
  4. 長期トレンド
  1. アフィリエイト防災
  2. 長期トレンド
  3. アフィリエイトのキーワード選び
PAGE TOP