アフィリエイト

サイトアフィリエイトはマーケットを知ることがベリーいんぽーたんと。

マーケットを知るだなんて偉そうなことをタイトルにしてしまいましたが、サイトアフィリエイト 特に一般キーワードで長期間熟成タイプのアフィリエイトサイトを作るならば マーケットを知る ということが大切ではないか

と思ったのでツラツラと思ったことを今日は書きます。

 

マーケットを知ることが大切だと感じたきっかけ

それは、熊本駅前「森都心」の中にある熊本の公共図書館「プラザ図書館」のデータベース閲覧サービスを使ったときのこと。
(上画像は、実際に図書館のデータベースから資料をプリントアウトしている様子)

 

※全国の公共図書館には、ビジネス支援サービスという特殊な部署があって普通ならめちゃ高い使用料金がかかる有料データベース数種類を無料で閲覧&プリントアウト出来るサービスがあります。

さらには、ビジネス支援を専門とする図書館司書(ビジネスライブラリアン)が常駐していて利用者のビジネスに関する調査を依頼することも出来る。電話やメールでも可能だ。

これが無料なので使わない手はない。

 

まぁそもそもなぜ公共図書館がそんなビジネス支援なんてするんだ?と思われるかもしれないが、図書館というのにはお高いビジネス書や専門書、資料などがたくさん揃っていて それを活用してもらうためにビジネス専門の司書がいるわけ。

さらに付け加えると、アメリカではベンチャー企業が図書館に支援してもらって起業するという流れがメジャーであって インテルやマイクロソフトも図書館のビジネス支援サービスで起業したというから驚きだ。

なので日本の図書館でも、もっと中小企業を応援したいよね という思惑がある。

こんな背景があるということは図書館でビジネスライブラリアンをしている人は何度も研修に行ってすり込まれているので、図書館の中にあるビジネス支援センターで「すみません~ こういうことを調べたいんですがどうすればいいですか?」なんて質問をするとスゲー喜ばれるし めっちゃ時間をかけて調べてくれるw

 

データベースも司書も独占で使い放題。

アメックスプラチナのコンフェルジュサービスよりもこっちのほうが遥かに便利。

 

 

詳しく知りたい方はこちら↓を見てね。

ビジネス支援図書館推進協議会

http://www.business-library.jp/

 

図書館データベースで調べた内容

さて有料データベースを使って、マーケットを調べてみるとこれが結構面白い。

 

例えば、今回調べたのが

 

クラフトビール

海外ビール

国内ビール

青汁

 

の市場規模

 

さすが有料データベース 検索も優秀で「ビール」と検索するだけで 探したいであろう情報がうまい具合に抽出されて出てくる。

 

・最新のビール関連の新聞記事(国内ホップ栽培が盛んになってるとか)

・クローズドなアンケート結果(これは企業が自身の市場調査のために経済研究所に依頼したもの)

・市場規模

・お中元、お歳暮の市場規模やアンケート

 

といったあたりが出てきた。市場規模以外にも優良な情報だ。

 

これは、横検索と言われるものらしく 新聞・研究所・雑誌など色んな種類のデータを横断して検索してくれて関連性の高いものから表示してくれるすぐれもの。

このおかげで

知りたい情報を一瞬で探すことが出来る

 

しかも自分が予想していたデータに加えて、これも知っておいたほうがいいよ?的なデータまで引っ張り出してくれる。

 

例えば ビール を調べたときに

お歳暮、お中元のアンケート で、ビールが何位にあってどんなニーズでプレゼントされるか まで書いてある。

父の日のプレゼントに関するアンケート とか

上司との飲み会で心配なこと嬉しいことアンケートとかw

 

インターネットでは絶対に探し出せない情報だし、調べる時間が短縮されてありがたい。

 

30分~1時間くらい調べると、20記事くらいのネタはすぐ集まる。

 

集まった情報はその都度プリントアウト(1枚10円)

 

 

もっと具体的な例で説明すると、

 

青汁を調べたところ、市場規模が年間600億円くらい と分かった。

そしてもっとも使われている青汁原料は 大麦若葉○○% ケール○○%

国内青汁市場の企業ランキングとシェア率まで分かってしまう。過去のデータも分かる。

これが意外にもネットで肌感覚で「ここが1位だろうな~」と思っていた企業が5位くらいだったり しかもシェアが5%しかなかったり。

 

クラフトビールも同じくらいの市場規模600億円ほどだった。おまけにネットでどのくらいの割合で売れている、レストランでどのくらい と出てくるので実際にネットで購入されるのがどれくらいの規模かということまで分かる。

数年間での市場の動きや、特徴、今後の見通しといったところも書いてある。

 

情報こそが成功のカギ

こうなると、情報こそがサイトアフィリエイトで優位に立つ ことが実感できる。

 

実際に、これを使って青汁の記事を6記事くらい書いたがライバルが少なくてニーズの高い記事が書けた(はず)。

 

今後伸びるであろう市場に手を付けておけば先駆者の利益が得られる。

 

ビールについては、ビールの歴史や食文化について書かれた本を司書の方に紹介してもらったのでその本を借りてきた。

 

アフィリエイトは、誰もしないこと 面倒くさいこと ユーザーが知らないこと 知りたいこと をやればいいんじゃないかと思っている。

サイトで専門的なことを知りたいと思うユーザーはいないのだけれども、専門的な知識を噛み砕いて 短縮した情報をユーザーに伝える

ということは 瞬時に知りたい情報をゲットしたい と思っている忙しい現代の若者たちには有益じゃないだろーか。

 

まとめ

以上ツラツラとサイトアフィリエイトにはマーケットを知ることが大切なのでは? と思って書いてみました。

 

今回伝えたかったポイントは

 

・データベースは知りたい情報+α(アルファ)を瞬時に知ることが出来る

・図書館の司書に知りたいことを尋ねたらスゲー喜ぶ

・サイトではユーザーに情報を噛み砕いて伝える

 

という点でした。

 

いつも図書館には自転車で週1行くんだけども夕方帰ると眺めもよくて風も心地よくて最高です。

 

コメント

  1. うわー知らなかったです
    メンドくさがりなので、能率よく調べて記事書くために、こういうデータベースないかなぁと思って調べてたところです。
    すごいすごい!!

    わたしも図書館の本の検索データベースを使わせてもらっていて思うのが検索の精度がかなりいいので、作ってる中の人はすごいなぁと思います。
    今すぐにでも行かなくちゃッですね☆

  1. この記事へのトラックバックはありません。

イチオシ記事

  1. アフィリエイト

最近の記事 おすすめ記事
  1. インフィード広告を入れる
  2. タイトルがなっとらん!
  3. アフィリエイト防災
  4. 長期トレンド
  1. アフィリエイト防災
  2. 長期トレンド
  3. アフィリエイトのキーワード選び
PAGE TOP