WordPress

tinypng アフィリエイトに必須なWordPressプラグイン スピードアップ編

さっそくSEOを意識したタイトルw

なんでしょうね。癖でしょうか。

 

スピードアップ系WordPressプラグイン

僕がアフィリエイトのメインサイトに入れているスピードアップ系プラグインを紹介していきましょう。第1回目はこちら。

Compress JPEG & PNG images

画像を圧縮するtinypngのWordPressプラグイン版。名前が違うので知らない人が多いです。

毎月500枚まで無料で圧縮してくれます。

tinypngのサイトで

ユーザー登録

クレジットカード登録

API keyを取得

すると画像を挿入するときに自動で画像圧縮してくれます。既存の画像を圧縮する場合は、WP管理画面のメディアから一括圧縮できます。

月500枚を越えた分は、1枚あたり圧縮料金が000.9ドルかかります。

2000回圧縮してもたったの1500円程度。激安です。

 

人件費として考えた場合・・・

画像圧縮に要する時間を仮に1分としても時給600円の場合10円はかかりますよね。となるとコストは約10分の1。

このプラグインを入れない理由がわからない。

てことで、みんなパンダちゃんを使おうね。

プラグインを探すときは、tinypng で検索しても出てきます。一番最初にヒットするパンダを選んでね。

 

使い方は他のサイトを参考にしてもらうといいです。(だって説明が面倒だもん)

 

Tinypngプラグイン設定方法

Tinypng設定方法が他のサイトにあまり乗っていなかったので、おすすめの設定方法を書いときます。

まず設定前はこんな設定になってます↓

(デフォルトの設定)

 

で、これを下画像のように設定します。

Tinypngアカウントのところは、Tinypngにユーザー登録してクレジットカードを登録すれば発行されます。

IDを忘れた場合は、

Tinypngプラグインを使用しているサイトの同じ設定画面でChange API key を押す

Tinypngサイトでログインする(ログインするにはメールアドレスを入力してメールに届いたURLをクリック)

いずれかの方法で取得できます。1個API keyを取得すれば複数サイトで共通Keyで設定できます。おぉ便利。

 

この設定にする理由は、

デフォルト設定では、1画像に対してサムネイル画像複数、中サイズ、大サイズと多くの画像を圧縮しちゃいます。

これだと1枚ごとにカウントされるし、画像挿入にめちゃ時間がかかります。なので、最低限必要だと思われるサムネイル、大サイズのみ圧縮するような設定にしてます。

 

よくわからない人は、上のとおりに設定してね。

 

 

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

イチオシ記事

  1. アフィリエイト

最近の記事 おすすめ記事
  1. インフィード広告を入れる
  2. タイトルがなっとらん!
  3. アフィリエイト防災
  4. 長期トレンド
  1. アフィリエイト防災
  2. 長期トレンド
  3. アフィリエイトのキーワード選び
PAGE TOP