【解決方法】Twitterのリンク付き投稿で画像Twitterカードが表示しない

ソーシャルを活用
スポンサーリンク

突然ですが、Twitter再開しました。

再開したら皆さんから温かいメッセージやフォロー、リツイートまで(涙。。。ホントありがとうございます。

Twitter最高!(調子乗っちゃって

 

今日はそのTwitterにURL付きで投稿したときにこんな↓画像付きURLにならない! ときの解決方法をご紹介。

Twitterカード※画像付きになっているTwitter投稿

 

1.Twitterカード

さきほどの画像付きの表示は、Twitterカードと呼ばれるものです。僕もはじめは知りませんでした。

このTwitterカードは、貼り付けるURLのサイト側で設定をしないと表示しません。

WordPressテーマによって対応が違う

サイトのWordpressテーマによって自動で表示してくれるものもあれば、表示してくれないテーマもあります。

有名どころのWordpressテーマでは、

Twitterカードを表示しない

アルバトロス

ハミングバード

 

Twitterカードを表示する

SANGO

TCD【公式サイト】Twitterカード設定方法

Simplicity(カスタマイズで設定可能)

 

という具合にそれぞれのテーマで対応の仕方が変わってきます。

Twitterカードに対応しているかどうかは、TwitterにURL付き投稿をしてみれば一発でわかります。(アイキャッチ画像を付けるのを忘れずに。) 投稿前にチェックしたい人は下のチェックページで。

公式サイトのチェックページ https://cards-dev.twitter.com/validator

もし、このチェックページでうまく表示していて実際に投稿したらうまくいかない!という場合はテーマ側とプラグイン側 あるいはプラグイン2つで同時にタグ設定を行っている可能性があります。その場合は、どちらか一方の機能をOFFにしましょう。

画像付きにならないのであれば、まずはそのテーマのカスタマイズ箇所をチェックしてみましょう。

それでも設定方法がない場合は、プラグインで対応する方法で解決します。

プラグインでTwitterカードを表示させる

Twitterカードを表示出来るプラグインは、主にSEOツールプラグインに含まれます。ほとんどがTwitterだけではなくFacebookのカード設定も可能です。

Yoast SEO

SEOに必須なプラグインですが、Twitterカード表示も出来ます。

ソーシャルというメニューから設定

 

All in One SEO pack

こちらもYoastと双璧をなすSEOプラグインですね。こちらもTwitterカード設定できます。

ソーシャルメディアというメニューから設定

 

jetpack

SEOプラグインの一つ。

設定 ー パブリサイズ から設定

 

Facebook Open Graph, Google+ and Twitter Card Tags

カードタグを入れる専用プラグイン。SEOの設定は不要な人向け。このタイトルでWordpressプラグインを検索すれば出てきます。あるいは、Twitter cards で検索しても1番目に出てきます。

 

自動投稿でTwitterカードがうまく表示しない

これは、ずいぶん手強かったです。

自動投稿機能で投稿するとTwitterカードがうまく動作せず以下のような投稿になっていました。

 

間違ったTwitterカード

一瞬、うまく表示してるじゃん! って思いましたが。

よくよく見るとTwitterカードではなくただの画像になっています。この画像をクリックするとただ画像が拡大されるだけ。。。 リンクを表示させるためには上のURLの文字をクリックしないといけません。

絶対これ、勘違いして画像クリックしちゃう。

 

画像を間違えてクリックしちゃう人のデータ

 

案の定、リンクを正しくクリックした人158人に対して
画像をクリックした人(メディアのエンゲージメント)は13人いました。

およそ1割の方に「リンク飛ばんのかいっ!」とツッコミたくなる気持ちにさせてしまいました。ゴメンナサイ。

SNAPという自動投稿プラグインを使っていますが、設定のところで Attach Image to the Post のチェックを外したら無事にTwitterカードが表示されました。

※後々調べたら、画像とURLを同時に投稿すると画像が優先されて表示するそうですね。

SNAP設定

まとめ

SEOプラグインの使い方を知らずに SEO プラグインを入れるとタグの重複になったり、インデックスされないページが出たりと手に負えないことにも。

手っ取り早いのは、使い勝手のよいテーマに変更することかな〜。

SANGOは使ったことないですが、内部SEOもやりやすそうだし、何より作者さん(サルワカさん)のブログが親切で好感が持てますね。

今のテーマもいまいちなので、気が向いたらSANGO購入したいと思います。(購入せんのかい!

 

(おちまい)

この記事を書いた人
がんちゃん

Wordpress de アフィリエイト運営者。ネットショップ運営・ウェブ制作との兼業アフィリエーターです。

がんちゃんをフォローする
ソーシャルを活用
初心者向けレンタルサーバー
wpX
wpX

・wordpress専用レンタルサーバー
・とにかく速い
・1サーバーあたりドメイン10個まで
・負荷に強く安定感抜群
・わかりやすい管理画面
・メインサイトにおすすめ

エックスサーバー
エックスサーバー

・使い勝手がいい
・ドメイン数無制限(実質上限50サイト)
・初心者に分かりやすいと好評の管理画面
・速度もそこそこ早く月額が安い
・メイン、サテライトともにおすすめ

mixhost
mixhost

・当サイトで使用中
・アダルトOKなサーバーでは最速
・プランがいつでも変更可能
・プレミアムプラン以上はwpX程度の速度
・管理画面が分かりづらい(cPanel)
・ドメイン数無制限(データベースも無制限でエックスサーバーより入る数は多い)
・メイン、サテライトともにおすすめ

がんちゃんをフォローする
がんちゃんブログ

コメント