エックスサーバーとwpXの比較 使い勝手・速度

レンタルサーバーの設定をする
スポンサーリンク

エックスサーバーとwpXの比較

エックスサーバーとwpXは、同じ株式会社エックスサーバーが運営するレンタルサーバーです。

今回は、エックスサーバーwpX

・スペックの違い

・管理画面の使い勝手

・サーバー速度の差

を検証してみました。

 

スペックの違い

wpXとエックスサーバーの基本的なサーバースペックの違いを表にしてみました。

 

エックスサーバーwpXレンタルサーバー
管理画面
ドメイン数無制限10個まで
速度速いめちゃ速い
WordPress以外×

 

ドメイン数を無制限に入れられて速度も安定感もある というのがエックスサーバー。
Wordpress10個しか入れられなくて速度がエックスサーバーよりも速い というのがwpXレンタルサーバー。

 

サーバー管理画面の違い

 

サーバー管理画面

 

エックスサーバーの管理画面はシンプル

他のレンタルサーバーを借りて多いのが分かりづらいサーバー管理画面。これに出くわすとサーバースペックがよくても借りなければよかったと後悔してしまいますがエックスサーバーの管理画面はシンプルで初心者でも分かりやすいです。

 

エックスサーバー管理画面

ganchan.infoのエックスサーバー管理画面(クリックしたら拡大します)

 

wpXの管理画面はさらにシンプル

WordPress専用のwpXレンタルサーバーは設定する項目がほとんどないのでメニューはかなり少ないです。わかりやすいエックスサーバーよりもさらに分かりやすい印象。

wpX管理画面

wpXにインストールしたpoola.infoの管理画面(クリックしたら拡大します)

サーバー応答速度

 

サーバースピード

wpXがエックスサーバーよりも優れているサーバー速度。果たしてその実力はどれほどのものなのか。

今回計測するのは

・サーバー応答速度

・サイト表示速度

の2つです。

 

サーバー応答速度とは

サーバー応答速度とサイト表示速度を混合してしまうといけないので簡単に説明しておきます。

サーバー応答速度とは

サイト表示の命令からサーバーが応答するまでの時間のことです。ユーザーがサイトを開こうと【サイトを表示してください】 とサーバーに要求します。ユーザーの要求に対してウェブサーバーが【了解〜、サイトデータを表示しま〜す】と返事してユーザーに返事が帰ってくるまでの時間がサーバー応答速度です。

 

このサーバー応答速度は、サーバースペック(WEBサーバー本体とネットワーク)に依存するもので

サイト表示速度  = サーバー応答速度 + サイトデータ表示速度

となります。

 

仮にサイトをめちゃくちゃ高速化してサイトのデータ表示にかかる時間が1秒になったとしてもサーバーの応答時間が1秒かかったとすれば サイト表示にかかる時間は2秒になります。

 

Googleの推奨スピード

Googleのデベロッパーツール PageSpeed Insights  では、サーバー応答速度の推奨値が 200ms(ミリ秒) となっています。つまり200ms / 1000ms = 0.2秒 以内にサーバーが応答するのが好ましい ということです。

5分の1秒 って結構速いですね。

 

計測にアフィリエイトサイトを使います

わたくし がんちゃんがwpXで運営しているアフィリエイトサイトをエックスサーバーにミラーサイトを設置してみました。※一部画像元が別サイト名になっていますがお友達からのいただきものです。

この2サイトを使ってサーバー応答速度とサイト表示速度を計測します。

ポーラエステの効果(エックスサーバー版)

ポーラエステの効果(wpX版)

 

計測結果はwpXが圧倒的な勝利

サーバー応答速度を1分に1回の間隔で48時間計測しました。(計測回数合計2880回)

下画像は、1日目の結果。

wpXとエックスサーバーの速度計測

 

 応答速度エックスサーバーwpXレンタルサーバー
平均値 313 ミリ秒90 ミリ秒
最低値 2890 ミリ秒2404 ミリ秒

 

wpXのサーバー応答速度 90ミリ秒=0.09秒

エックスサーバーのサーバー応答速度 313ミリ秒=0.313秒

wpXの圧倒的勝利になりました。

エックスサーバーは、googleが推奨するサーバー応答速度0.2秒を越えてしまいました。

 

1日の遅延回数(1秒以上)

1日あたりで1秒以上サーバー応答がかかった回数も調べました。

エックスサーバーwpX
20回12回

1日の遅延回数、グラフの乱れを見てもwpXの安定度が際立ちます。

 

考察

サーバー応答速度を平均すると、0.2秒以上の差がありました。

サイト表示にかかる時間が3秒かかるとユーザーの50%は諦めてしまう というデータもあるくらいですから0.2秒が小さい数値とは思えません。

毎月ユーザーが1,000人訪れるサイト で 0.2秒の違いがあれば一体どれくらいの機会損失になるのでしょうか。

wpXとエックスサーバーを比較してみた結果、wpXに全サイトを移動したくなってしまいました。

WordPress専用の超高速レンタルサーバー【wpX(ダブリューピーエックス)レンタルサーバー】
wpX(ダブリューピーエックス)は、圧倒的な高速性能を誇るWordPress専用レンタルサーバーです。
この記事を書いた人
がんちゃん

がんちゃんブログ運営者。ネットショップ運営・ウェブ制作との兼業アフィリエーターです。アフィリエイトにランチェスター戦略を取り入れた経営を目指しています。

がんちゃんをフォローする
レンタルサーバーの設定をする
がんちゃんをフォローする
初心者向けレンタルサーバー
wpX
wpX

・wordpress専用レンタルサーバー
・とにかく速い
・1サーバーあたりドメイン10個まで
・負荷に強く安定感抜群
・わかりやすい管理画面
・メインサイトにおすすめ

エックスサーバー
エックスサーバー

・使い勝手がいい
・ドメイン数無制限(実質上限50サイト)
・初心者に分かりやすいと好評の管理画面
・速度もそこそこ早く月額が安い
・メイン、サテライトともにおすすめ

mixhost
mixhost

・当サイトで使用中
・アダルトOKなサーバーでは最速
・プランがいつでも変更可能
・プレミアムプラン以上はwpX程度の速度
・管理画面が分かりづらい(cPanel)
・ドメイン数無制限(データベースも無制限でエックスサーバーより入る数は多い)
・メイン、サテライトともにおすすめ

おすすめ記事
レンタルサーバー速度比較
レンタルサーバー速度計測を本格的に行いました。今一番おすすめのレンタルサーバーは・・・
がんちゃんブログ

コメント