WordPress用レンタルサーバー比較 速度・価格・使い勝手 2018

レンタルサーバーの設定をする

WordPress用にレンタルサーバーを借りる場合、どのサーバーがおすすめか速度・価格・容量・使い勝手を比較してみました。

レンタルサーバー 速度比較表

レンタルサーバーの応答速度と安定度を比較してみました。

Googleの指標ではサーバーからの応答は200ミリ秒以内がよいとされています。(PageSpeed Insights 計測結果に記載)

また閲覧者はサイト表示を待てるのは3秒が限界だという報告もあります。

 

平均応答速度1秒以上の遅延
(1日あたり)
wpX90 ミリ秒12回
スターサーバー
(スタンダード)
195 ミリ秒23回
mixHost
(スタンダード)
236 ミリ秒52回
エックスサーバー
(X10)
313 ミリ秒20回
FUTOKA
(スタンダード)
804 ミリ秒141回
さくら
(スタンダード)
1280 ミリ秒1284回
ロリポップ
(ライト)
1185 ミリ秒681回

※1分に1回計測。48時間計測した平均値を算出。

結果では、さくら・ロリポップの両者がサーバー応答だけで1秒かかるという結果になりました。

 

レンタルサーバー 価格比較

 

月額初期費用お試し期間
wpX1,000円
(12ヶ月)
5,000円14日間
スターサーバー
(スタンダード)
500円
(6ヶ月)
無料14日間
mixHost
(スタンダード)
980円
(12ヶ月)
無料30日間
エックスサーバー
(X10)
1,000円
(12ヶ月)
3,000円10日間
FUTOKA
(スタンダード)
1,980円
(6ヶ月)
2,000円14日間
さくら
(スタンダード)
515円
(1ヶ月)
1,029円14日間
ロリポップ
(ライト)
250円
(6ヶ月)
1,500円10日間

 

レンタルサーバー 容量比較

アフィリエイトをするならドメインはたくさん入ったほうがいいですよね。

 

ディスク容量ドメイン数
wpX30GB10個
スターサーバー
(スタンダード)
100GB無制限
mixHost
(スタンダード)
40GB無制限
エックスサーバー
(X10)
200GB無制限
FUTOKA
(スタンダード)
10GB10個
さくら
(スタンダード)
100GB無制限
ロリポップ
(ライト)
50GB50個

 

レンタルサーバー 使い勝手比較

サーバーパネル(管理画面)の使い勝手を比較してみました。初心者にどれだけ優しいかを基準にしています。

WordPress高速化はサーバーパネルのメニューから簡単に操作出来るものを○ それ以外を☓としています。

使い勝手無料独自SSLWordPress
高速化
wpX★★★★★
スターサーバー
(スタンダード)
★★★★
mixHost
(スタンダード)
★★
エックスサーバー
(X10)
★★★★★
FUTOKA
(スタンダード)
★★★★
さくら
(スタンダード)
ロリポップ
(ライト)

 

 

WordPressレンタルサーバーの選び方

速度で選ぶなら

第一候補 wpX

第二候補 スターサーバー

 

価格で選ぶなら

第一候補 スターサーバー

第二候補 mixhost

 

容量で選ぶなら

第一候補 エックスサーバー

第二候補 スターサーバー

 

使い勝手で選ぶなら

第一候補 エックスサーバー

第二候補 wpX

 

 

アフィリエイトメインサイトに選ぶなら

第一候補 wpX

第二候補 エックスサーバー

第三候補 スターサーバー

エックスサーバーとスターサーバーと悩みますね。速度ならスターサーバーですが、メインはよく管理画面をいじるので使い勝手のよいエックスサーバーも捨てがたい。

 

サテライトサイトに選ぶなら

第一候補 スターサーバー

第二候補 mixhost

 

 

コメント