【楽チン】wpX + wordpress のサイト表示速度を2秒以内に改善する方法

wpX最速をねらえ サイト表示速度を早くする
スポンサーリンク

wpX+WordPress でサイト表示速度を以内にする超簡単な方法をご紹介します。

WordPressテーマ Cocoonを使用している場合は、この設定は不要です。

 

wpXは、キャッシュ設定をサーバー側で自動で行っているためきちんとキャッシュ設定をしないと本来の速度が出ずにむしろエックスサーバーよりも遅くなります。

▼レンタルサーバー速度比較▼

 

サイト表示速度改善結果

ビール口コミサイト みんびあ(minbeer)で実験してみました。

 

改善した結果は下画像のとおり。これくらいの速度が出るとwpXを借りた甲斐があるというものです。

minbeer speed測定

 

1.wpXの設定

wpXレンタルサーバーの管理画面で以下のとおり設定します。

キャッシュ設定

ON(デフォルト設定のままでOK)

 

mod_pagespeed設定

OFF

 

.htaccessの編集

以下をhtaccessに追加します。

 

# ETags(Configure entity tags) を無視する設定
<ifModule mod_headers.c>
    Header unset ETag
</ifModule>
FileETag None

# Enable Keep-Alive を設定
<IfModule mod_headers.c>
    Header set Connection keep-alive
</IfModule>


<ifModule mod_deflate.c>
SetOutputFilter DEFLATE
BrowserMatch ^Mozilla/4 gzip-only-text/html
BrowserMatch ^Mozilla/4\.0[678] no-gzip
BrowserMatch \bMSI[E] !no-gzip !gzip-only-text/html
SetEnvIfNoCase Request_URI \.(?:gif|jpe?g|png|ico)$ no-gzip dont-vary
SetEnvIfNoCase Request_URI _\.utxt$ no-gzip
</ifModule>


#ブラウザキャッシュの設定
<ifModule mod_expires.c>
ExpiresActive On
ExpiresByType text/css "access plus 1 days"
ExpiresByType image/gif "access plus 10 days"
ExpiresByType image/jpg "access plus 10 days"
ExpiresByType image/jpeg "access plus 10 days"
ExpiresByType image/png "access plus 10 days"
ExpiresByType text/js "access plus 1 month"
ExpiresByType text/javascript "access plus 1 weeks"
ExpiresByType application/x-javascript "access plus 1 weeks"
ExpiresByType application/javascript "access plus 1 weeks"
</ifModule>

 

2.WordPressの設定

WordPressで作ったサイトの管理画面で以下のとおり設定します。

 

インストールする高速化プラグイン

Autoptimize

 

Autoptimize設定

 

チェックを入れる箇所

JavaScript コードの最適化

CSS コードを最適化

絵文字を削除

Google Fontsの削除

 

Redirection設定

高速化プラグインではありませんがアフィリエイトタグをRedirectionで管理しているときにログがものすごい量溜まってしまいWordPressが重くなる現象がありました。

Optionsでログ設定を1日に変更します。IPも取得する必要がないのでログから外します。

 

SNSボタン設定

SNSボタンが必要なとき以外はSNSボタンは外しています。

アドセンサーブログ以外はSNSボタンを外して速度上がるほうが有益です。バズる記事を狙っているのなら外せませんがアフィリエイトサイトなら外します。

ちなみにSNSボタンを設置してSNS Count Cacheを入れても外部ファイル読み込みは行われてしまいサイト表示速度の改善はほぼありませんでした。

3.Cloud Flareの設定

無料CDNサービス Cloud Flareを使っている方のみ対象です。

 

ちなみにCDNを使ったほうがいいのはこんな人

・PV数が増えてきてサーバー負荷が100%超えてきた

・データ転送量が多い画像を多く使うサイト

・アクセスが夜間に集中してその時間帯だけサイト表示が遅くなる

 

Cloud flareの登録方法はSimplicityの作者 わいひらさんのブログが分かりやすいです。

無料CDNサービスCloudflareの登録方法

 

Cloud Flareキャッシュ設定

Speed設定 ー Auto Minify

Autoptimizeで設定しているので全部外す

cloudflare-minify設定

 

Speed設定 ー Rocket Loader

ON

Cashing設定 ー Browser Cache Expiration

ブラウザキャッシュ期間を1週間以上に設定します。Google Speed測定でも1週間以上の設定を催促されますのでそれ以上の期間設定が望ましいのでしょう。

ブラウザキャッシュ時間設定

 

GT Metrix結果画面で健康診断

GT Metrixの結果には以下のパターンがあります。パターンごとにサイト表示が遅い原因を推測します。

にゃんこみスピード計測

サイト表示速度だけが早くならないという場合

上画像のようにスコアが高く、ページサイズもリクエスト数も少ないのに遅いパターン

→ SNSボタンを設置しているなどサイト外部のリクエストをしている場合が多い。

SNSボタン設置をやめたところ↓

にゃんこみ-スピード改善後

2秒弱ほど表示速度が向上しました。これならSNSボタン設置するよりサイト表示速度向上によるCV率アップの恩恵が高いです。

SNSボタンでは、Facebook、Hatena、Pocketと外部のJavascriptファイルを読み込みに行くので待機時間が非常に長いのです。

 

ページサイズが2MBを超えている場合

・Googleフォントが読み込まれている

場合が多い。

Googleフォントは1ファイルあたり1〜2MBほどあります。とても巨大なファイルです。サイトを遅くしてまで見た目が必要ですか?

Autoptimizeの追加タブでGoogleフォントを読み込みしない設定にしましょう。ついでに同じAutoptimize設定画面で絵文字も削除します。

 

計測の注意点

GT Metrixで計測する場合、キャッシュをクリアして2回計測しましょう。

 

キャッシュクリアする箇所

Autoptimizeキャッシュクリア(WordPress管理画面上のAutoptimizeメニューから)

Cloud Flareを使用している場合は上記に加えてCloud Flareにログインしてキャッシュタブで以下のボタンを押す

cloudflareキャッシュクリア

ともにキャッシュクリアまで30秒ほど待ちます。

 

表示速度改善のための設定をすべて設定したGT metrix測定結果がこちら。wpXの場合、1〜2秒に収まります。

gtmetrix測定結果

 

まとめ

高速サーバーであるwpXやエックスサーバーを使っていても設定をきちんとしないと、本領発揮出来ないのだなぁとつくづく感じました。

アフィリエイトサイトは、興味本位でサイトを訪れる人よりも悩みがあって解決しようとしている人たちですから「のんびり」ではないはず。ちょっとでもサイト表示が遅くなっただけで次の検索結果に行ってしまうでしょう。

そうなるとGoogleのサイト評価も落ちていきます。

少しでもライバルがやらないことで上位に食い込んでいく。そういうことを積み重ねてやっていこうと思います。

 

▼WordPressレンタルサーバーランキング▼

WordPressで稼ぐブログを作ろう
WordPressを使ったアフィリエイトサイトの作り方、アフィリエイト運営ノウハウをご紹介しています。 アフィリエイト歴2年、ネットショップ歴20年。ウェブ制作会社でアフィリエイト事業部を立ち上げています。

 

▼wpX公式サイト▼

WordPress専用の超高速レンタルサーバー【wpX(ダブリューピーエックス)レンタルサーバー】
wpX(ダブリューピーエックス)は、圧倒的な高速性能を誇るWordPress専用レンタルサーバーです。
この記事を書いた人
がんちゃん

がんちゃんブログ運営者。ネットショップ運営・ウェブ制作との兼業アフィリエーターです。アフィリエイトにランチェスター戦略を取り入れた経営を目指しています。

がんちゃんをフォローする
サイト表示速度を早くする
がんちゃんをフォローする
初心者向けレンタルサーバー
wpX
wpX

・wordpress専用レンタルサーバー
・とにかく速い
・1サーバーあたりドメイン10個まで
・負荷に強く安定感抜群
・わかりやすい管理画面
・メインサイトにおすすめ

エックスサーバー
エックスサーバー

・使い勝手がいい
・ドメイン数無制限(実質上限50サイト)
・初心者に分かりやすいと好評の管理画面
・速度もそこそこ早く月額が安い
・メイン、サテライトともにおすすめ

mixhost
mixhost

・当サイトで使用中
・アダルトOKなサーバーでは最速
・プランがいつでも変更可能
・プレミアムプラン以上はwpX程度の速度
・管理画面が分かりづらい(cPanel)
・ドメイン数無制限(データベースも無制限でエックスサーバーより入る数は多い)
・メイン、サテライトともにおすすめ

おすすめ記事
レンタルサーバー速度比較
レンタルサーバー速度計測を本格的に行いました。今一番おすすめのレンタルサーバーは・・・
がんちゃんブログ

コメント

  1. とっとめ より:

    どもです!
    「wpx 速い」で2位でした~w
    記事、あざました。
    参考にさせていただきます。
    m(_ _)m