楽チン!アフィリエイター向けドメイン管理の裏技

スポンサーリンク
ドメイン取得

ドメインって何?

ウェブサイトには1つずつ異なるIPアドレスが割り当てられていてそのIPアドレスを人が見て分かりやすいように英語や日本語に変換したのがドメインです。

 

個人情報が公開される?

ドメインを取得するときに組織情報を登録することが義務付けされています。この情報はwhois情報として公開されます。

whois情報を調べると誰でもドメイン所有者の組織情報が分かります。

 

組織情報は、バリュードメインやお名前.comといったドメイン管理会社にユーザー登録したときの情報が使用されます。

 

ドメイン組織情報を隠す

ドメインを取得するときに組織情報をドメイン管理会社の情報を設定することも可能です。whois情報公開代行(whois代行)と呼ばれるものです。

 

アフィリエイトサイトの場合、誰がどんなサイトを作っているのか? がライバルアフィリエーターにバレてしまうためwhois代行を使用する場合がほとんどです。

組織情報には氏名・住所・電話番号・メールアドレスなどが含まれるのでwhois代行を使わずにドメインを登録してしまうと大変です。

個人情報がインターネットに公開されてしまうので個人で運営している人にとっては公開したくないですね。

法人運営している場合は、会社情報を公開することは信用にもなりますので組織情報開示をしていたほうがいい場合もあります。

 

 

安いドメインをどう使っているのか

XYZに代表される安いドメインを購入するとドメイン代が浮くのでよくアフィリエイトサイトには使用されています。

 

安いドメインはドメイン取得から1年後、通常価格に戻ります。

ではアフィリエーターはどのようにドメインを使っているかと言いますと

 

・ドメインを更新しない

・売り上げが上がっているドメインだけ更新する

 

と1年限定で使用することが多いです。

 

安いから大量にドメインを取得して1年後のドメイン更新ですごい金額を支払った という話もよく聞きますので気をつけましょう。(特にお名前.comの場合)

 

 

ドメインの楽チン管理方法

ドメイン管理に失敗したアフィリエーター

ドメインを複数持っているとどれを更新するのかしないのか管理が煩雑になってしまいます

そしてドメインを大量に更新してしまって数万〜数十万円という金額を支払ったという話もあります。

 

そこでバリュードメインのアカウントを2つ作成して楽チンで失敗しないドメイン管理法をご紹介します。

 

バリュードメインアカウントを2つ準備する

まずはバリュードメインアカウントを2つ用意します。

→  2個目のアカウントを作成する

 

バリュードメインアカウント2つ目を新規登録

画面右上のユーザー登録ボタンを押すと2つ目のユーザーを登録できます。

アカウントA(メインアカウント)

アカウントAでは全てのドメインを更新する設定にします。

 

1.ドメイン >  ドメインの自動延長・更新設定 を選択

 

バリュードメインのドメイン更新

 

 

2.全体設定 を選択

 

全体設定

 

 

3.ドメインの自動更新設定 >  自動更新するB  を選択

アカウントAは自動更新するB(個別設定を無視)を選択します。

 

ドメイン自動更新設定

 

アカウントAの設定はこれで完了です。

 

アカウントB(サブアカウント)

アカウントBはアカウントAとは別にユーザー登録して作成します。アカウント名はサブアカウントだと分かる名前にしましょう。

 

自動更新しないBに設定

アカウントAと同様のやり方で自動更新しないB(個別設定を無視)に設定します。

アカウントBの自動更新設定

 

更新しないドメインはアカウントBで取得

ドメインを1年以内に手放すと前もって分かっている場合はアカウントBで取得します。

こうすることで間違ってドメイン更新してしまうのを予防します。

 

更新したい場合は移動する

売り上げが上がってきて1年以上経過しても保持しておこうと思うドメインが出てきたらアカウントA(メイン)に移動します。

必要なドメインだけメインに移すことで無駄を省きます。

 

ドメイン移動方法

ドメイン >  ドメインの設定操作を選んで該当ドメインを探します。

 

ドメイン移動

 

該当ドメインの右の移動ボタンを押します。すると下画像のドメイン移動画面が表示されるので移動先アカウント名(英数字)を入力して移動ボタンを押します。

これでドメイン移動完了です。

 

ドメイン移動画面

 

不要なドメインを移動する

アカウントA(メイン)の中のドメインで売り上げが上がっていないドメインがあればアカウントBに移動します。

移動したからといってすぐにドメイン廃止されるわけではないので気軽に移動できます。

 

ドメイン代もバカになりませんから、必要最低限のドメインに留めるように気をつけましょう。

 

まとめ

ドメイン管理は非常に面倒ですが、たまにドメインの断捨離もするように心がけましょう。

 

お名前.comはドメインが安くなるキャンペーンもあって魅力的ですが更新を促すメールが頻繁に来たり、ドメイン移管やドメイン更新手続きなどが煩雑なのであまりおすすめはしません。

 

バリュードメインはその点、ユーザビリティ(画面操作性)に優れていて管理も楽です。

 

ほかのドメイン管理業者もありますが、どこでどのドメインがあるか分からなくなりますのでドメイン管理は1社のみにするほうがいいでしょう。

 

 

▼ バリュードメイン公式サイト ▼

VALUE-DOMAIN(バリュードメイン)
VALUE-DOMAIN(バリュードメイン)は、ドメイン登録実績500万件を誇るドメイン取得・管理サービスと、高速・高機能・高品質なレンタルサーバーや、SSL証明書などを提供するドメイン・ホスティング総合サービスです。
この記事を書いた人
ganchan69
Wordpress de アフィリエイト運営者。ネットショップ運営・ウェブ制作との兼業アフィリエーターです。
ganchan69をフォローする
ドメイン取得
スポンサーリンク
ganchan69をフォローする
WordPress DE アフィリエイト

コメント