レンタルサーバーの稼働率99.99%ってどれくらいなの?

サーバー稼働率ってどれくらいかな レンタルサーバーの設定をする

サーバー稼働率99.99%ってどんなもの?

レンタルサーバーの稼働率の表示を見ると99.99%の安定感!とか書いています。

これって何を基準にしているんだろう? 実際どれくらいの安定感なんだろう?と疑問が湧いてきます。

 

そこでこんな計算をしてみました。

 

もしもサーバー障害が起きたら・・・の巻

サーバー障害が起きたら・・・

7日間で1回だけ10分間のサーバー障害が起きた

100 – (10分 ÷ 10080分(7日間)× 100) = 99.90%

サーバー稼働率は99.90%になります。

 

14日間で1回だけ10分間のサーバー障害が起きた

100 – (10分 ÷ 20160分(14日間)× 100) = 99.95%

サーバー稼働率は99.95%になります。

 

31日間で1回だけ10分間のサーバー障害が起きた

100 – (10分 ÷ 44640分(31日間)× 100) = 99.98%

サーバー稼働率は99.98%になります。

 

50日間で1回だけ10分間のサーバー障害が起きた

100 – (10分 ÷ 72000分(50日間)× 100) = 99.99%

サーバー稼働率は99.99%になります。(実際には99.9861%で四捨五入した結果99.99%)

 

これでなんとなくサーバー稼働率99.99%の肌感覚がわかった気がします。ちょっとスッキリした。

 

1年間のサーバーダウン時間はどれくらい?

年間でサーバーダウンしている分数を計算すると

 

365日 × 1440分 × 0.01% =  5256 × 1/100 = 52.56分

 

となります。

月間だと4.38分です。

 

0.01%ってどれくらいの確率なんだろう?

稼働率99.99%のレンタルサーバーに置いてあるサイトを見て「あっ!サーバー落ちてる!」とサーバーダウンに遭遇する確率を0.01%とすると

 

0.01% = 10000回に1回。

 

サイト閲覧が1ヶ月に10000PVあれば1PVの人がサーバーダウンに会う計算です。

 

※厳密にはサーバー負荷は時間集中するので上記計算よりも確率は上がるでしょう。

 

サーバーダウンに遭遇したら

サーバーダウンに遭遇し喜びを分かち合う二人

結構サーバーダウンをみかける気がしますがレンタルサーバーも大量のサーバーを所有していますのでそのうちの1台がたまにサーバーダウンするわけですね。

そんなときは「あ〜またサーバーダウンか」と思わずに「おっ!ラッキー 0.01%の確率に当たったぜ!」と喜びましょう。

 

他の人がサーバーダウンしているところを見かけたら、おめでとうと声をかけてあげましょう。きっとボコられます。

 

稼働率99.99%のレンタルサーバー

wpX・Xserver・mixhost この辺りはどれ選んでも後悔しないレンタルサーバーです。一番安定感があるのはwpXです。

 

▼ レンタルサーバー速度比較

WordPressレンタルサーバー比較 速度・価格・使い勝手 2018
WordPress用レンタルサーバーおすすめを速度・価格・容量・使い勝手で比較してみました。 サーバー速度計測ツール monitis サーバーをモニタリングをするmonitis(有料サービス)を使用して計測し...

コメント