アフィリエイト

記事に枕を入れてみる

がんちゃんのブログをいつも見ていただいてありがとうございます。

たまにブログ見てますってお手紙をもらいます。嘘ですけどw

でも

がんちゃん、いつも見てますよ〜(はーと)

ってたまにメッセージをいただくので

そういったときはうれしくて、じゅんじゅわ〜んと来ますw

 

記事の枕(まくら)

さて今日の話題は、枕。

お布団と枕 の枕ではありません。

 

古文の世界で、枕詞(まくらことば)ってありますよね。

あれは、言葉の前にかかる意味を持たない言葉のことです。

 

百人一首でも有名な枕詞 ちはやふる というのがありますよね。

 

千早振る神代も聞かず竜田川韓紅に水くくるとは

 

で・・・・

今日お話する枕は、古文の枕詞ではなくて落語の枕(まくら)です。

落語の本題に入る前の小話のことをまくらと言います。

意味が枕詞と似てますよね。きっと由来は古文の枕詞から来ているのだと思います。知らないけど。

 

落語の枕(まくら) あまり馴染みがない言葉かもしれませんね〜

 

柳家小三治さんの「まくら」という古い本があるんですが、これが僕に”まくら”を意識させるきっかけになった本です。

超オススメです。ゲラゲラ笑って、しかもライティングの枕(まくら)が習得できるはずです♪

ユーチューブにも ”落語 まくら” と検索すると小三治さんの動画を見ることができますがこっちはつまらないですね。小三治さんの良さが一番わかるのは本のほうがいいと思います。

 

実際に僕がたまに記事の本題の前に書くへんな箇所が 僕の”まくら”です。

息継ぎライティング

 

あまり上手じゃないですけど、こんなやつですね。AMCの日記でも1、2文書くことがあります。

意識していることは、本題とどこか関係のある話題、あるいは語句の発音、韻(いん)を踏むもの とかです。あまり難しく考えないです。韻を踏むとかかっこいいこと書いたけど、そういうのはひらめきに近いので、めったにしないかも。

 

なぜ、まくらを入れるかというと

・見ている人との信頼関係を築く

・見ている人をリラックスさせる

・本題への助走

というような使い方、目的があります。

まくらは、見ている人にとっては 利益もない代わりに害もない 至ってピュアな文章です。

そういったまくらを置くことで、見ている人もリラックス、あるいは文章への信頼をしてくれるのでは?と考えています。

また急に本題へいくと、「わたし、売ります感」をお客さんに、どぱ〜〜っと与えることになるのでそれを防ぐ意味もあります。

 

これは、完全な持論なので証明することは出来ませんし良い例を見せることも出来ないのですみません。

記事のまくらという考え方は、どういう要素か僕はまったく知りませんがブロガーさんの文章を見るとよく使われているようです。

 

それと何度もいいますが、小三治さんの「まくら」だけは絶対にオススメです。

アマゾンの中古本で40円で売っていますから是非手にとって見てください。

恒例のアフィリリンク貼っときますからw

40円の1%報酬0円ですけど。

 

 

シリーズで出ているのでこの人の本は全部読んでもいいくらいです。

 

コメント

    • カズ
    • 2017年 5月 11日

    がんちゃんさん、
    小三治さん、良いですよね。人間国宝になっても、池袋演芸場などの小さな寄席に出て小三治ワールドを、作ってくれています。
    落語って、生ものなので、同じ時間と空間を共有できるのは、その時しかないので、チャンスがあれば生を見ておくのも良いと思いますよ。

    落語家の本で言えば、現代落語論をはじめとした、立川談志の本も面白いです、同じ素材(古典落語)が、演者によって、こんなに解釈が違って、観客側からみて受け取るインパクトも、こんなにちがうんだ~って、思いますね。アフリにも通じる面があるような。。。。

      • ganchan69
      • 2017年 5月 11日

      カズさん

      コメントありがとうございます!!

      小三治さんは、本と動画でしかお会いしたことがないので
      そういう活動をされている方とは知りませんでした。

      落語を見るという機会がそれほど多くなかったので、改めて

      「今、見るべきだな」
      と思いました。

      そういう意味でも機会をいただいてありがとうございます。

      立川談志さんのイメージって強烈なので本は見たことがないですね〜
      違う方の同じ落語を見るというのも、ありですね。

    • 中谷
    • 2017年 5月 20日

    「ま・く・ら」早速注文しました~♪

    “卵かけご飯”の話しがすごく気に入ってしまって、普段食べる卵かけご飯がより一層美味しく感じられるようになりました。

    日常のほんの些細な出来事やモノも、人によっては見過ごすことの出来ないものだったりするんですよね。

    たかが卵かけご飯。
    されど卵かけご飯。

    人生に味わい深さを与えるのは、やっぱり自分自身でしかない?

    元気と勇気が出る本の紹介、ありがとうございました^^

      • ganchan69
      • 2017年 5月 21日

      こんにちは〜 がんちゃんです。

      わぁ! ご注文ありがとうございました!

      卵かけご飯、素晴らしいお話ですよね〜

      ユーチューブで 小三治さんの卵かけご飯 聞けますよ^^
      この動画は小三治さんの肉声が聞けて面白かったです。

      おっしゃるとおり、日常の些細なことでも
      色んな楽しみ方が出来るってすごいことですよね。

      >人生に味わい深さを与えるのは、やっぱり自分自身でしかない?

      いい言葉ですね。卵かけご飯であれだけ楽しめるなら、人生ってのは楽しさ無限大ですねw

  1. この記事へのトラックバックはありません。

イチオシ記事

  1. アフィリエイト

最近の記事 おすすめ記事
  1. インフィード広告を入れる
  2. タイトルがなっとらん!
  3. アフィリエイト防災
  4. 長期トレンド
  1. アフィリエイト防災
  2. 長期トレンド
  3. アフィリエイトのキーワード選び
PAGE TOP