グーグルにサイトマップを送るWordPressプラグイン

プラグインを入れる
スポンサーリンク

ホワイトでガッツリ系メインサイトを作っている人には必須な行為。

 

それは、SE○!

と思っている人は惜しいっ!

 

それも大事だけど、

もっと大事なのは、グーグルにサイトマップを送ることです。

 

よく忘れたりするもんで、初期サイトを作ったときには必ずこれをヤッておきましょう。

グーグルにサイトマップを送るプラグイン

Google XML Sitemaps

このプラグインは、グーグルに送るためのXMLをサイトを更新するたびに送ってくれます。

これも何も考えずに、必須プラグインとして入れておきましょう。

ブラックSEOの人で、サーチコンソール登録しないという人は無縁のプラグインなのでスルーしましょう。

 

サーチコンソールにXMLファイルを追加する

(手順)

Google XML Sitemapsをインストールして有効化
サーチコンソールのサイトマップ画面を開く
XMLファイルを追加

 

まずは、下画像のとおり、クロール → サイトマップ のメニューを開いて右上の”サイトマップの追加/テスト”ボタンをクリック

 

続いてテキストボックスに sitemap.xml と入力して送信ボタンをクリック

 

 

これで設定完了。あとは、いっときすれば、グーグルがサイトマップを処理してくれます。

 

サイトマップが、何の役にたつか知りたい

サイトマップがあれば、グーグルのロボットがあなたのサイトを見に来てどこにどんなファイルがあって、どういう構造かすぐに理解してくれます。

このサイトマップがないと、再帰的にグーグルのロボットが全ファイルを見る必要があって、ファイルを全部見ることがない場合もあるので記事更新したり、画像を更新したりしても気づいてくれないあるいは、気付くのが遅くなる場合があります。

それにどれがどのくらい新しい記事なのかも判断が難しいですよね。

サイトマップがあれば、どのファイルがいつ更新されたかすぐにわかります。こうすることでグーグルにインデックスされる速度も上がって安定して検索順位を上げることが可能になります。

 

たぶんね(笑

詳しく知りたい方は、色々調べてみてくださいまし。

 

この記事を書いた人
がんちゃん

がんちゃんブログ運営者。ネットショップ運営・ウェブ制作との兼業アフィリエーターです。アフィリエイトにランチェスター戦略を取り入れた経営を目指しています。

がんちゃんをフォローする
プラグインを入れる
がんちゃんをフォローする
初心者向けレンタルサーバー
wpX
wpX

・wordpress専用レンタルサーバー
・とにかく速い
・1サーバーあたりドメイン10個まで
・負荷に強く安定感抜群
・わかりやすい管理画面
・メインサイトにおすすめ

エックスサーバー
エックスサーバー

・使い勝手がいい
・ドメイン数無制限(実質上限50サイト)
・初心者に分かりやすいと好評の管理画面
・速度もそこそこ早く月額が安い
・メイン、サテライトともにおすすめ

mixhost
mixhost

・当サイトで使用中
・アダルトOKなサーバーでは最速
・プランがいつでも変更可能
・プレミアムプラン以上はwpX程度の速度
・管理画面が分かりづらい(cPanel)
・ドメイン数無制限(データベースも無制限でエックスサーバーより入る数は多い)
・メイン、サテライトともにおすすめ

おすすめ記事
レンタルサーバー速度比較
レンタルサーバー速度計測を本格的に行いました。今一番おすすめのレンタルサーバーは・・・
がんちゃんブログ

コメント