VIVOの日本語化に挑戦してみた(備忘録)

セブ島で購入した中華スマホVIVO Y66。VIVOスマホは、プロバスケットプレイヤーのステフィン・カリーが宣伝していて、バスケ好きなフィリピン人もVIVOは大好き。

実は、セブ島でVIVO以外に2つOPPO製スマホを購入。3つともiPhone6に激似ですwww

激似だけど、性能もなかなか。操作していてもタイムラグもないし、カメラなんてめちゃくちゃ綺麗。特にセルフィー(自撮り)カメラが高性能。

日本に入ってきたら、すごく売れそう。

さて、そんなVIVO1台とOPPO2台を購入してみて気づいたことは、OPPOは日本語が最初から入っているけどもVIVOは日本語がない!

日本語入力は、Gボード日本語版を入れて入力できるようになったけど。

ということでVIVOは日本語化しました。

(VIVOスマホ日本語化のやり方)

VIVOにGooglePlayからMoreLocale 2を探してインストール。

VIVOをウィンドウズPCにUSB接続。
ドライバが入ってなかったからVIVO本家からダウンロード

でもって、ドライバインストール。無事、VIVOを認識してくれました。

次に、VIVO本体の設定画面 About Phone でバージョン番号を6回クリック。これでデベロッパーモードになります。

次に設定画面 develop option を選択。USBデバッグをONにします。

今度は、ウィンドウズPCでADBをインストール。

もっと簡単!ADBコマンドを使えるようにする方法-ダウンロードして解凍してパスを通すだけでOK

これを参照しました。

コマンドプロンプトを開いて、次のADBコマンドを実行

adb shell pm grant jp.co.c_lis.ccl.morelocale android.permission.CHANGE_CONFIGURATION

スマホ側で実行許可しますか?的なアラートが出る場合はOK押してね。

MoreLocale 2で、日本語を選択して通れば完了。

デペロッパーモードを解除して終了。

ただ日本語ファイルがないアプリは日本語化できない。セッティング画面も無理みたい。

もしVIVOとOPPOで悩むなら、日本語化が面倒だからOPPOにしよう。というお話しでした。

がんちゃんのおすすめアフィリエイト塾

アフィリエイトを1年やってきて感じることは、先生や師匠がいる環境が大事ってこと。
アフィリエイトのノウハウも大事だけど、心の支えになってくれる友人たち、先生、師匠の存在はとても大切です。

僕の場合、友人にアフィリエイト塾AMCを紹介してもらい今は無料会員として、たまに各地セミナーに遊びにいって交流しています。

トレーニングジムと同じでジムに1人で行く人は意外と続かない。しかし仲間と行くと継続率が高くなります。アフィリエイトも仲間が増えるとアフィリエイトを辞めてしまうことはほぼなくなるでしょう。

続ければ必ず成果が出るアフィリ。僕のおすすめアフィリエイト塾は、AMCです。
もしAMCに申し込みされた方がいらっしゃったら、AMCのSNSで「がんちゃん」で日記書いていますのでご一報ください。
色んなご相談にお答えいたします。

→ アフィリエイト塾AMC申込み

シェアしてくれるとチョーうれしいです!

フォローする