wpXレンタルサーバー|不動のナンバーワン

スポンサーリンク

シンプル&ハイスペックのWordPress専用レンタルサーバー

wpXレンタルサーバー(以下 wpX)は株式会社エックスサーバーが運営するWordPress専用レンタルサーバーです。

wpXは、エックスサーバーやmixhostよりも高速で急なアクセス集中にも強いですので最速を狙いたい!という方におすすめ。

▼wpXレンタルサーバー公式サイト▼

WordPress専用の高速クラウドサービス【wpX(ダブリューピーエックス)クラウド】
wpX(ダブリューピーエックス)は、圧倒的な高速性能を誇るWordPress専用レンタルサーバーです。

 

▼wpXを使ってサイト表示速度を2秒以内にする方法▼

 

サーバー速度

wpXのサーバー性能は他社レンタルサーバーに比べると群を抜いてます。

 

実際にサーバー応答速度を測定して爆速レンタルサーバー3種類比較してみました。

wpXエックスサーバーmixhost
90 ミリ秒313 ミリ秒236 ミリ秒

※計測方法は1分に1度アクセスして応答速度を48時間計測して平均値を算出。

wpXはサーバー応答に10分の1秒以下しかかかっていません。

 

サイト表示速度の目安は2秒

サイト閲覧者の感覚では 「サイト表示は2秒以内」が理想 「3秒以上だと離脱したくなる」ので

サイト表示の2秒(2000ミリ秒)のうち、サーバー応答速度に費やす時間は100ミリ秒でも速いほうがいいですよね。

 

エックスサーバーからwpXに引っ越しした場合

サイト表示速度は 0.22秒 速くなります。

計算式) 313ミリ秒 - 90ミリ秒 = 223ミリ秒 ≒ 0.22秒

 

サーバー安定感

1日の動きをエックスサーバー、mixhostと比較してみました。

 

※上からwpX、エックスサーバー、mixhostのサーバー応答速度を24時間分計測したもの。

 

安定感&速度ともに最強

結果は、ぶっちぎりの1位でした。

応答速度はほぼ70ミリ秒以内。応答に1秒(1000ミリ秒)を超えたのが1日の計測回数1440回のうち12回(0.8%)でした。

 

1日の遅延回数(1秒以上)
wpXエックスサーバーmixhost
12回20回52回

 

wpXの制限

最速のwpXレンタルサーバーですが、最速をキープしているだけに使用制限があります。

 

・アダルトNG

・WordPress以外のファイル設置NG(SIRIUSとか)

・ドメイン10個まで

 

厳しいのはドメイン格納は10個までの制限。もし10個より多く設置する場合は追加契約が必要です。がんちゃんは、wpXを2つ契約しているので合計20個ドメインを入れることが出来ます。便利なのは、一つのアカウントで複数サーバーを行き来出来ること。各サーバーIDを選択するだけで管理画面をログインし直したりする必要がありません。IPも分散出来るので超高速サテライトサーバーとしても使えます。

 

wpXのスペック

月額1,000円(12ヶ月契約)初期費用5,000円
ドメイン数10個独自SSL
サーバー速度サーバー安定度

 

この記事を書いた人
がんちゃん

がんちゃんブログ運営者。ネットショップ運営・ウェブ制作との兼業アフィリエーターです。アフィリエイトにランチェスター戦略を取り入れた経営を目指しています。

がんちゃんをフォローする
がんちゃんをフォローする
初心者向けレンタルサーバー
wpX
wpX

・wordpress専用レンタルサーバー
・とにかく速い
・1サーバーあたりドメイン10個まで
・負荷に強く安定感抜群
・わかりやすい管理画面
・メインサイトにおすすめ

エックスサーバー
エックスサーバー

・使い勝手がいい
・ドメイン数無制限(実質上限50サイト)
・初心者に分かりやすいと好評の管理画面
・速度もそこそこ早く月額が安い
・メイン、サテライトともにおすすめ

mixhost
mixhost

・当サイトで使用中
・アダルトOKなサーバーでは最速
・プランがいつでも変更可能
・プレミアムプラン以上はwpX程度の速度
・管理画面が分かりづらい(cPanel)
・ドメイン数無制限(データベースも無制限でエックスサーバーより入る数は多い)
・メイン、サテライトともにおすすめ

おすすめ記事
レンタルサーバー速度比較
レンタルサーバー速度計測を本格的に行いました。今一番おすすめのレンタルサーバーは・・・
がんちゃんブログ