構造化データの作り方 マークアップ支援ツール編

構造化データとは

googleなどのロボットへ「このコンテンツは商品のレビューについて書いてますよ~。評価は4つ星ですよ~」などとタグ内の言葉の意味を教えるために使用するデータ。

リッチスニペットを表示するためにもこの構造化データが使用されます。

構造化データを作る方法

構造化データ作成のおすすめ方法は次の2通り。

1.マークアップ支援ツールを使って構造化データをHTMLに入れる

2.データハイライター※でウィザード設定する
※サーチコンソール内のウェブツール

のどちらかを行えば構造化データをgoogleに伝えることが出来ます。

1.構造化データ マークアップ支援ツール

名前のとおり、構造化データの書き方をサポートしてくれるツール。見本コードが表示されるのでそれを真似して自分で、ページのHTMLを作っていく。

マークアップ支援ツールURL

ログイン - Google アカウント

ページの構造化データテスト

構造化データが入ったURLをテストしてエラーが発生していないか確認できます。

構造化データ テストツール

2.データハイライター

サーチコンソール ー(検索での見え方)ー(データハイライター)

サーチコンソール機能の一つで、ツール上でマークアップのパターンを作成することで一切HTMLを修正することなくgoogle(または他の検索エンジン)がマークアップとして認識してくれる。

どれで構造化データを作るのがおすすめ?

初めての方には、データハイライターがおすすめ。超カンタン。

プラグインを使用する場合は、多少HTMLがいじれないとツラいかも。

(WordPressの場合)子テーマの個別ページテンプレをいじれる という方は、マークアップ支援ツールを使うのもありですね。

マークアップ支援ツールとデータハイライター、口コミプラグインの違い

データハイライターの場合、構造化データをHTMLで作らなくてもOK。

超楽ちんな方法ですが欠点もあります。

構造化データを作成していく段階でサンプルページ5ページまたは10ページをテストします。その中でパターンが違ったりするとうまく構造化データが作れないこともあります。

一方、マークアップ支援ツールは自分自身がタグで正しいデータをタグで囲えば間違えることはないのでマークアップをgoogleが誤認する という心配がありません。

口コミプラグインの場合、デフォルトではマークアップを出力しないことが多いのでマニュアルを読みながらマークアップを出力するようにしましょう。最後にテストするのも忘れずに。

※マークアップ支援ツール、口コミプラグインを使用する場合はマークアップの意味を理解しておく必要があります。

参考口コミサイトの作り方(WordPress)

フォローする